歯の美しさは自信につながる!キレイな歯でたくさん笑おう

20 2月

どんな歯が美しいの?

美しい歯と言われても、漠然としていてイメージがわかない人が多いかもしれませんね。美の感じ方は人によって違うものですが、実は歯に関しては美しさの大きな基準があるって知っていましたか?美しい歯、それは、周りの歯と馴染んでいることです!銀歯が前歯についていたら、変な感じを受けますよね?それと同じく、なんとなく目立ってしまう歯は、どんなに白く整っていても決して美しいとは言えません。目立たない歯こそが、口元を美しく見せるコツなのです。

保険適用外も検討しよう

新しく歯を入れる場合は、クラウン、インプラント、入れ歯と様々な方法があります。最も一般的な治療のクラウンを入れる場合、保険適用内で出来る被せ物の代表はセラミックと銀歯です。セラミックは前の方の歯までしか保険が使えず、しかも保険の歯では歯の透明感の再現度が低いので、真っ白な違和感のあるものになります。若い女性など歯を気にする人は、保険適用外のセラミックやジルコニアを検討すると良いかもしれません。透明感があり、隣り合う自分の歯よりも自然な感じがして驚くことでしょう。特にジルコニアは固く頑丈で、一度はめたら一生ものになりますよ。

歯並びも改善される?!

歯の治療で被せ物をすると、審美に気を使ってくれる先生は歯並びも整えてくれることがあります。高いお金を出してどんなに自然で美しい歯を入れたとしても、歯並びが悪ければ人目を引いてしまいます。治療中に先生が歯並びのことを何も言わないようであれば、自分から聞いてみると良いかもしれません。型を取る前ならば、歯並びについてきっと検討してくれるはずです。ただしあまりにも歯並びが悪い場合は、矯正治療が必要となってきますよ。

歯の治療できれいな仕上がりになるのはセラミックです。歯のセラミックの料金は自費負担なので、それぞれの歯科医院によって違う場合も多いので、事前に確かめることが必要です。