3つのポイントを抑えて、ダイエットしましょう

21 2月

筋肉をつけて、消費カロリーを増やしましょう

接収カロリーより消費カロリーのほうが多ければ、脂肪が減ります。その為には、まずは消費カロリーを増やすほうがいいのです。なぜなら摂取カロリーを減らすほうを優先させたら、食事を制限するしかありません。しかし食事制限ばかりだとストレスになり、ダイエットを途中でやめる人が多いのです。そして消費カロリーを増やす方法ですが、筋力トレーニングをして、筋肉を増やせば消費カロリーが増えます。なぜなら筋肉が1キログラム増えれば、消費カロリーが13キロカロリーも増えるのです。何もしなくて13キロカロリーも増えれば、少しぐらいなら好きなものを食べても、体重を減らすことが出来るのです。しかし脂肪が減っても筋肉が増えれば、ダイエットをする意味がないと考えるかたがいます。しかし、脂肪と筋肉の大きさは1対0.8の差があるのです。ダイエットというのは体重より、見た目のほうが大事と言えるでしょう。

食生活を改善して、摂取カロリーを減らしましょう

筋力トレーニングで、消費カロリーを増やしたら、次は食生活を改善して摂取カロリーを減らすことが大事です。消費カロリーさえ増えていけば、それほど無理な食事制限はする必要がありません。健康に必要な「お米」などの炭水化物に「肉」や「野菜」はぜひ摂りましょう。その中でもカロリーの低い食べ物を選んで行きましょう。肉であれば「鶏のささみ」が低カロリーなのでダイエットをする人が好んで食べることで有名です。その他に豚や牛よりも「魚」のほうが低カロリーなので、魚を食べるようにすれば、カロリーはだいぶ抑えられます。日本人が魚から豚や牛を食べるようになってから、肥満のかたが増えたのはそのためなのです。そしてダイエットしたいけど、お菓子が食べたいという方もいるでしょう。その場合は洋菓子より「和菓子」のほうがカロリーが少ないので、和菓子を食べてカロリーを抑える方法があります。

消費カロリーのほうが、多い状態を維持しましょう

筋力トレーニングをしたら、消費カロリーが増えたはずです。そして食生活を改善して、カロリーを抑えた食事を心がけることが出来たら、摂取カロリーは少なくなったでしょう。消費カロリーが多い今の状態を維持したら、体重は減り続けていきます。しかし人間の体は消費カロリーのほうが多いと、体重は減りますが、そのあとは1~2週間は体重が減らなくなる「停滞期」に入ります。停滞期になる理由は、食べるものが少なくても飢餓にならないように、体が働くからです。しかし、この停滞期は消費カロリーのほうが多い状態で1~2週間過ぎると再び体重が減ります。停滞期のメカニズムをよく覚えて、体重が減らない時期に無理なダイエットをしないようにすれば、健康にダイエットできるのです。

フェアリーレシピは飲むだけで美容の効果が得られるサプリメントで、理想的な体を実現することが出来ます。