老け顔の原因ほうれい線!自己ケアで目立たなくしよう

13 3月

ほうれい線について知ろう

加齢によって顔から潤いやハリが失われてくるとたるみやしわが目立ってきますよね。若い時はハリがあってきゅっと持ち上がってたのに、と鏡見て悲しくなる人も多いのです。しわの中でも老け顔に見えてしまうのがほうれい線ですよね。ほうれい線とは鼻の横から口の脇にかけてできるハの字のしわの事です。このほうれい線が目立つと一気に老け顔に見えるので注意が必要なのですよ。肌がたるむことによって起こってしまいますが、自分でケアすることによって改善できるのですよ。

必要な成分を補充しよう

ほうれい線は自宅でセルフケアすることによって改善する事ができます。その方法はまず肌に必要な成分を与えてあげる事です。若い時の肌には潤いや弾力がありますが、肌にハリや弾力に必要なコラーゲン、潤いに必要なヒアルロン酸などの成分が豊富にあるからなのです。しかし加齢と共に失われていくため皮膚がたるんでほうれい線ができてしまうのですよ。現在ではこれらの成分が配合された化粧品やサプリメントは沢山販売されています。意識して摂取する事が改善につながるのですね。

顔の筋肉を鍛えてリフトアップしよう

気になるほうれい線は顔の筋肉を鍛える事によって目立たなくすることができるのですよ。加齢と共に筋肉は失われていってしまうのですが、それは顔も同じことなのです。顔の筋肉が衰えることによって支えられずたるみが出てしまうのです。現在では顔ヨガなども紹介されているので、スキンケアにプラスするととても効果的です。最初は普段使わない筋肉なので辛さがありますが、毎日少しずつ続けて行けば辛さがなくなり、リフトアップ効果も実感できるようになるのですよ。

衣服のしわは生地に強い圧力がかかることで生じます。また、水や汚れなどが繊維の隙間に入り込んで固まってしまうのも原因の一つです。そのため、生地を綺麗な状態に保つことが効果的な予防法になります。